ホーム > 株主・投資家情報 > 宇宙事業

宇宙事業

スカパーJSATが提供するサービス:宇宙事業

アジア地域における最大規模の衛星通信サービスを提供し、安定的な収益力を強化

赤道上空36,000キロに衛星を保有し、サービスカバーエリアは、日本国内だけでなく、インド、パキスタンを含むアジア地域からオセアニア、ハワイにまで及びます。 また、Horizons衛星により北米全土へのサービスも展開し、国際転送サービスのエリアを拡大しています。

衛星サービスの紹介

防災・危機管理のインフラとして
非常時も安心:バックアップ回線に利用

全国の自治体、電力・ガス・石油などライフライン企業での利用重要拠点のバックアップ回線をはじめ、監視・制御システムの主回線や携帯電話網の災害時バックホールとして、サービス提供。

~デジタル映像をリアルタイムで全国配信~
非常時も安心:バックアップ回線に利用

社内放送、予備校のサテライト授業、遠隔医療研修、マンション向け多チャンネル映像配信など教育・医療・ビジネスの現場に提供。

移動体の高速通信インフラとして
日本全国どこからでも情報を送受信

山間部や離島など地上回線の整備が進んでいない所や陸上・船舶・航空機など移動体の分野で、通信衛星の利用がますます広がっています。

グローバルコミュニケーションの分野で
衛星通信が実現するグローバルネットワーク

国内だけでなく、アジアでの回線販売や、北米においては世界最大の衛星通信会社インテルサット社とのパートナーシップを軸に、業務の拡大を図っています。

宇宙事業の強み

不況に強いB to Bビジネス

  • 安心・安全の公共ビジネスに不可欠の衛星事業
  • 官公庁や企業との長期・安定的契約ベース
  • 移動体ビジネスの推進(海洋ブロードバンドetc)

国内で唯一の衛星通信事業者

  • JSATと宇宙通信の水平統合で効率化と顧客基盤強化
  • アジアNo.1、世界でもトップ5の規模
  • グローバルビジネスでのアライアンス拡大

宇宙基本法が事業拡大の追い風に

  • 宇宙基本法に基づく公共的な衛星サービスでの協業検討

関連情報

宇宙事業詳細はこちら宇宙事業

過去の業績推移はこちら財務ハイライト